カテゴリ:つれづれ
--.--.--
09.21.2012
03.31.2012
03.07.2012
02.08.2012
12.11.2011

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

お久しぶりです!

気づけばまた間が空いてしまいました…ごめんなさい!

ようやく涼しくなってきましたね~。夏が苦手な私としては辛い季節から抜け出して、ようやくモゾモゾと動き出せる季節です(笑)

近頃は家庭内で辛いことが続いて少し参っていますが、そんな時こそ当たり前の日常や、味方になってくれる人がいるありがたさが身に染みて、考えさせられております。
そして受け身な毎日ではいけない!と思い、いろいろ勉強も始めたりしてます。すぐには無理でも、ゆくゆく自分のためになれば良いなと思ってますo(^▽^)o

そして小説は主として焔の鳥を更新中です(小説家になろうさんにて)。カイの苦しさをいかに設定くさくなくリアルに描くかが後半の最大の難しさであります。そして彼と緋乃が一線を超えるかどうかの瀬戸際をじりじりとじらすのが(笑)

…なんかこんなことばかり言ってるとエロいおばちゃんになりつつあることがばれてしまいますね(笑)
しかし基本はあくまで純愛小説ですので!どうぞ見捨てないでください…(笑)

ではではまた。
そのうち我が家のチビ猫の写真をアップですできればと思ってるのですが、やり方がわからないんですよね…



スポンサーサイト
20:26 | つれづれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

だいぶ

落ち着きました。
猫の写真を見る度に涙が出るほどの状況は脱し、今はただ、彼のいない、彼のぬくもりが抜け落ちた生活のむなしさとさびしさを感じています。
でも季節はうつりかわる。
外はもう花の香り。
太陽のひかりがあふれていて。
だからエドゥはきっとしあわせだ。
もう痛くない。もうどこも苦しくない。

今はただ安らかであってくれればいい。

少しずつ、悲しみと、それに伴う疲労から立ち直りたいと思います。
とりあえず、春だからね。
色々な場所に行って。
色々なひとと出会って。


心にちゃんと、世界のいろを映しこみたいの。



以下は追記で拍手おへんじです。


続きを読む
21:29 | つれづれ | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最愛の…

猫ちゃんを、悲劇が襲っています。エイズだって。白血病だって。

一週間くらい前までは元気いっぱいだったのに、今は動くのもおっくうそうで、ご飯が食べられないのが可哀相で仕方がない。

どうしてうちの子が、とか、まだ早すぎる、とか色々もちろん考えるけれど、罹ってしまった病気はもう仕方がないのだ。
本当に、そうなのだ。
納得の早い自分に憤りすら覚えるけど、これは父の負の遺産だろう。
あの時も私はこんな風に自分を納得させようとしたのだった。仕方ないって。受け止めるしかないって。

でも今、あの時と違って強く思うのは、一番可哀相なのは当事者だっていうこと。
口にすれば当たり前だけど、かつての私は、どこか、一番可哀相なのは私だと思っていて、それを認識してしまうからこそまた辛かった記憶がある。
最低だって。こんな自分が。

でも今、猫という喋れない愛し子を見つめて、そんな感情の一切は、本当に人の勝手なんだと思い知る。

こんな小さな体で。エドゥは必死に戦っている。辛いとも苦しいともいわずに、ただ静かに。

いまはただ、その命の輝きを、戦いを目に焼き付けていたい。あとどれくらいの時間か、わからないからこそ。

ああ。でもね。
もっと一緒にいたいの。
いなくなってほしくない。

やっぱり辛いと思っちゃうよ。
弱い飼い主で、情けなくなるけど。


22:32 | つれづれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ひょっこり


戻ってまいりました。基です。
広告が出る程ブログを書かなかったなんてはじめてです……それでも毎日来て下さっている方がいるというこの驚きと喜び。
ほんとうにありがとうございます。そして更新せずに真に申し訳ありません。

元気です!
仕事は穏やかにあいかわらず頑張らせて頂いていて、やりがいもありあり。嬉しい。
そしてそろそろ良い歳なのでまじめに婚活をはじめました。ほんとよ。
チキンで偏屈な自分から脱皮するのがいかに難しいか痛感する毎日ですが、無理しない程度にがんばって、素敵なお相手を見つけたいと思っております。

そして小説がね! あのね!
前に言ってたみたいに、「小説家になろう」さんの方で連載を始めててね!
なんと、

書き終わっちゃったの!


完結しちゃいました。
サイトはまるっきり稼働していないくせにね。
ただ前にもお伝えしたように、そちらで書いているのは

少年漫画風・主人公の性別:男子、高校生、術だの妖怪だのがとびだす和風ファンタジー

なので、こちらとは作風がまるっきり違うんですよ。
だからこちらに載せていいものか迷っていて。
キャラクターもややかぶったような人たちがいるしね!


でもこちらに載せている作品はほぼ恋愛を含んだ作品で、そもそも私が恋愛体質じゃないのにそんなもの書いているわけですから、近頃はなんか飽和状態で完結できなくて、だから全くいま手をつけていないんです。
言い訳にしかならないんですが、そんな状態で書いていても良い作品は書けないと思うし。

だから今はまだ、「焔の鳥」や「久遠色」は書けそうにありません。
とか言って私は気まぐれのかたまりのような人間なので、書こうと思ったらさくっと一日で書けちゃったりもするんですが。こればかりはどうなるか、本当にわからないんです。すいません。

でもサイトを閉じるつもりはありませんし、名前を変えたり、縮小したりしても、ずーっと続けて行きたいと思っています。私のこの趣味を認めてくれる人と結婚したいと思ってるしね!(笑)

いつもいつも応援して下さっている皆様には、本当にマイペースな管理人で、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そしてそれいじょうに、それでも見に来て下さるということが本当にうれしくてありがたいです。
ありがとうございます!

年を取るにつれて人への感謝というものがまた形を変えて心に迫るようになり、とても大切なことだなあと実感しながら日々を送っています。
私はドライだが。自分の手の届く範囲意外には異様なほど冷たい女ですが、それでも手の届く範囲内にはいっぱいの愛を、感謝をもって、生きて行きたいと思っています。


とりあえずご報告まででした。
近頃寒いですので皆さまお体にお気を付け下さいね。
では。

失礼いたします!






21:56 | つれづれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

切に


祈るのは、残された方々の心の平安。
そしてどうか、辛さを無理に乗り越えようとしないでほしいということ。
弱さも苦しさも正直に受け入れて、折れてしまっても、崩れてしまっても、良いと思うのだ。

逃げだしてもいい。戻ってくればいいんだから。

けれど一日もリンクから離れられない生活をしているから、滑りたくなくても滑るしかないんだろう。
でも、どうか。体は動かしても、その心は。
臆病に守って、故人を偲ぶためにだけ向けてあげてほしい、と思う。

どうか、ご冥福をお祈りしています。



09:58 | つれづれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。