FC2ブログ

ねむい


いま昼寝から起きました。最近、ひどく睡眠不足だったので、面接から呆然と帰って来たあとデイルマークを買い込み、読んでいたら、いつのまにか寝てしまっていたというなんだか幸せな図です。やっぱりジョーンズさん大好きよ! そしてライラのプルマンさんが書いてるサリーの冒険も大好きよ! はやく続き読みたいけどブックオフにおいてないの~悲しい。ますますファンタジーが書きたくって困ります。浮気症。とりあえず今はあかばなを……書かなきゃ。でも焔に脳内飲み込まれてます。

軌道修正する。告白。就職活動始めました。
ホテル業界目指してます。
今日、一社から内定もらいました。

……自分でも信じられなくて「え?」って感じです。

だって就活はじめて一週間もたってないし。まだ一社しか受けてない状態だし(応募はしてるけど面接は今日が最初)。信じられなくて帰り道瞳孔が開きっぱなし。今も。しかし中途ならでは試用期間というものは目の前に立ちふさがっているため、あまり油断はできません。しかもいざ着任したらどこに飛ぶかわかりません!(全国展開のホテルなのよ~)

とりあえず話が固まるまでは怖いので、じわじわと外堀を固めようと思っています。こういうとこA型だな。私の就職活動ははたしてどうなる……のか!

当たり前だけど就職しても小説はガンガン書きますよ。一人暮らしになってもパソ買って書くよ! そうだ言い忘れていましたが、改稿版とオリジナル焔の最大の差はあの方、レイディ宝生紗矢華さまの登場です。代わりにカズと水姫と雄輔の出番は削る予定です。わかりにくくなっちゃうから。

***

ソラが覚えている自分のいちばん古い記憶は、母が父を拳銃で撃ち殺したその瞬間だった。
ソラの母はトキアの街のごくありふれた中年女で、まじめで一生懸命働ける特技を持っており、飲んだくれで常に若い女の尻を追いかけまわしている父に代わって幼いソラをそのたくましい腕で育て上げてくれた。彼女はとりたてて美しくもかわいくもなかったが、そのあたりの女と唯一違う点といえば、トキア家の伯爵婦人ということだった。





17:20 | つれづれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
うーむ? | top | 名もなきバトン

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://odetojoy.blog81.fc2.com/tb.php/441-7389fa24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)