FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

むずむず



する。
いや、体ではなくて。心が。
植物が芽吹く際の気持ちとか、生命が生まれる直前の感覚って、こんな感じなのかな、っていう。
ようするに何か生み出したい、作りたいけれど、まだ時期か、技術か、必要な知識か何かが満ちていなくて、まだ吐き出せないという状態。

むさぼるように本を読んでいます。一日数冊の勢い。
私、本を読むときはすごく読むけれど、読まないときはまったく(それこそ数カ月)読まない時もあるので、自分で自分が不思議です。
近頃は日本史にようやく開眼しつつあるので、歴史ものとか、和物も読んでおります。自宅の本を漁っていたら与謝野晶子さん訳の源氏物語発見! はりきって読むぞー、と思いつつ、大きすぎる本のサイズと、相反する文字の小ささに困惑しております(笑)

あとあと、精霊の守人をブックオフで見かけたので即刻手に入れました!
チャグムの行く末が知りたいですねえ……きっと素晴らしく良い男になるよ。
最後に彼が号泣した時、わたしはぶるぶる震えていました。
でも、女の子至上主義のわたしとしては、やっぱり獣の奏者のほうが好き! エリン!

ファンタジーは大変すきです。本棚の半分はファンタジーなんです、実は。
(なぜ実は、なんていう言葉を使うかというと、あたしの小説を読んだことがある友達はいつも口をそろえて「意外」というのです。たぶん、現代ものばっかり書いているから)

でも、好きだから、すらすら書けるかと言うと、これがそうではなく。
いっとう初めに、わたしが人生でいっとう初めに書き始めた小説は、ファンタジーだった。
でもいつからかそれを現代に置き換えて書くようになっていた。
描きたい者は変わらない。女の子。女性に変わる前、変わってゆく様、変わった後。

闇を抱え、一人で生きていこうと思いこみ、それが強さだと頑なに信じてきた女の子が、他者に支えられ、戸惑いながら、新たな「在り方」を模索していく、その生きざま。
できれば女の子は音楽家であるとなお良い。男の子は、ツンデレであるとなお良い!(笑)

というわけで、ずっと温め続けているお話があるのですが。
いつ、書きだせるかなと。
むずむずしています。








島の遥か沖から、かすかに大気を渡ってくるその『音』に、彼女はずっと耳を澄ませていた。
其れは弦の音のようでもあり、なにかの翼が羽ばたく音に似てもいた。
夜明け前に『音』を聴きつけて眼を醒まし、村を出てから、もう二刻ほども過ぎたであろうか。彼女のいま立つ、東の原から望む海は、冬の早い朝日に千々の光をさんざめかせていた。

彼女は狼の毛皮で作ったコートを着込み、目元まで深々と肌を寒さから守っていたが、朝日がいよいよ水平線のうえまでその燃える橙色の姿を顕すと、服のうえからでも感じられるようになったその温かな熱に、頭の周りを覆っていたフードだけを片手で脱いだ。
乱れた髪が、顔に張り付くのがうっとうしく、眼を閉じて軽く頭を振りたてる。
そして今一度、眼を見開いていた。

彼女は、澄んだ白い肌に、その色とはっとするほどの対比を見せる、ぬばたまの黒い髪を持っていた。
うねうねと黒く、艶やかな髪が、朝日の輝きを受けて、さらに星のように照り輝いていた。
唇は、寒さのためか、森の木イチゴのように紅く、いかにも気が強そうにとがっている。
鼻梁も高く、人目を惹きつける顔立ちをしていたが、その中央でひかる二つの眼は嵐の前の海のようで、彼女が容易には人になびかぬ娘であると、言外に語っていた。

「聴こえる……」

呟いた、この娘の名前は深紅(ミコウ)と言った。歳は十八。
精霊が住むとされるこの「聖なる島」において生まれ育った娘であり、だがしかし、島の民とはあきらかに異なる姿かたちをした娘でもあった。




21:01 | 創作について | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ひょっこり | top | 今日もバイト

comments

# Re: タイトルなし

うわー青木さん! 青木さん!!
いらっしゃいませ! そしてコメントありがとうございます! 
お返事遅くなってほんとうにごめんなさい。

独特の世界観……こちらにちらっと書いたのはファンタジーなので、特にそうかもしれませんね。
ブログからは私のHPに飛べなかったと思うので、以下にアドレスを記載しておきます。
http://houka5.com/hyakukisu/

青木さんは相変わらずかわいい双子ちゃんとお元気にお過ごしのようですね♪
お幸せそうでこちらまで頬が緩んでしまいます。
お体に気をつけて、これからも素敵なお仕事をがんばってください!
私もそろそろ髪が伸びてきたので、こっそり予約を入れると思います……。

では、またいつでもいらしてくださいね!
ご訪問ありがとうございました♪

さん | 2011/01/30 21:46 | URL [編集] | page top↑
#
おハガキありがとうございました。
ブログ拝見させて頂きました。
独特の世界観で、なんだか引き込まれますね~
続き楽しみにしてます。
アメブロはbraceのホームページからも見れるので、暇な時にでも見てみてくださいね‼
www.hair-brace.jp
hair brace 青木優子さん | 2011/01/12 22:11 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://odetojoy.blog81.fc2.com/tb.php/705-6a4096d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。