FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑


私は、今までの半生をピアノと共に生きてきたわけですが、
才能とか、センスとか、そういうものに関して、他者のそれを羨んだり嫉妬したりしたことはありませんでした。

意外かもしれませんが、クラシックの世界って完全な競争世界で、試験はぜんぶ点数制で、明確な順位が付けられます。
だから誰が誰より良い成績だった=上手、みたいな構図が成り立ってしまう異常な世界でもあったのです。

私はいちおう主席だったんで、そういう点数争いの渦中にはいましたが、はっきり言って周囲の事にはまーったく頓着していなかった。
そりゃあ、調子が悪ければ悔しいし、次は負けない! って思ったけど、それはあくまで自分に対しての怒りだし。
マイペース、だったんだろうな。

周りと比べてうまくなりたかったわけじゃない。
あくまで自分の音楽を尽き詰めたかった。
だから割とひょうひょうと勉強してました。
だから辞めちゃうときもばっさりやめちゃったんだけどね。中途半端が嫌いだから。

でも、周りの人は良くも悪くもそんな私を見ていて下さったみたい。
今日、久しぶりに出会った大学時代の友人と話をして、いろんなピアノ科の同級生が私を気にしているって聞いて、ちょっと驚いた。だって、その同級生たちの名前の中には、私の知らない人たちも含まれていたから。

自分が思っている以上に、人は人を見ているものなんだなって。
人が人を想う感情は、そんなに細くて切れやすいものじゃないのかもなって。
そう思えて。ちょっと嬉しかった。

そして久々に、ソロをやりたいなって思った。
バッハ。バルトーク。ベートーヴェン。
……うーん、いいねえ。

もし具体的に企画がかたちになったら、皆さんにもお知らせしますね。

そんなことを考えた夜でした。
では、寝ます。




23:36 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
こういうの | top | 箇条書き

comments

# No title
すごく前の記事だけど、ピアノ、楽しみにしてます。
みなせゆうきさん | 2011/08/04 19:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://odetojoy.blog81.fc2.com/tb.php/753-671ca8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。