FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

胸が熱く


なるのは何故。
とても些細な一言で。
けれど、私がずっとずっと言ってほしかった一言。

昔のわたしと今のわたし。
私の中ではいつも自分がふたりに分離していて、絶対的に決別している。
ピアノに捧げた少女時代(K-POPではない)、
手足を動かして働いて、人間として成長したいと熱望した今のわたし。

どちらも私で、どちらが間違っているとか劣っているとかそんなことはない。
人生はずっと繋がった一本の道。
でもだからこそ。
だからこそ、だ。

とても苦しかった。
息苦しく、生きづらく、けれどずっと歩き続けてきた。
いつも私はわたしに誠実でありたかった、そう、誰よりも自分に対して。

だからその時々で最善と思える選択をしてきた、と言える。
例え今思えば最善ではないとしても。
思い切り悩んで、思い切り泣いて、選ぶことが辛くても、選ぶことから逃げたことはない。

だけど私は愚かで、自分はずっと一人だと思ってきた。
良くも悪くも。
私を見てくれている人なんていないんだと、なぜか思い込んでいた。
けど違うのだ。
それは違うんだと、思い知らされることがある。

よく頑張ったねと。
辛かっただろうねと。
でも元気でいて嬉しいよと。

そう言葉をかけてくれる人がいる。
昔の私も今の私も、ちゃんと見てくれて、どちらも認めてくれる人がいる。

そういう瞬間に巡り合った時、私の胸は熱くなる。

頑張ってよかったなって。
人の優しさに触れるために人は生きているんじゃないのかなって。
本気で思う。

そう思える自分に成長できて良かったと思う。
私の持論としては、自分という存在は、親に育ててもらい、自分で育てるものでもあり、そして、他者に育ててもらうものでもあるのだ、と思う。

だからいつも感謝しています。
母に。父に。きょうだいに。恩師に。友人に。
わたしを育ててくれてありがとう。
わたしを見ていてくれてありがとう。

わたしも貴方がたに何かを返せるように、何かを伝えられるように、生きたいと思う。


うまくいえないけれど、それが今のわたしのゆめ。




21:46 | つれづれ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
いかん | top | これはすごいことだ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://odetojoy.blog81.fc2.com/tb.php/759-bcfd1b18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。